幸せになろうとしなくていい-フランクル心理学002-

フランクル心理学TOP002画像

幸福のパラドクス

私たちは幸せになるために生まれてきました。幸せになることを、願いながら、現実を生きています。心が健康であれば、「不幸になりたい」なんて、思っている人は、まずいないですね。

「社員を幸福する」「顧客の幸せを創造する」。会社の経営理念でも、「幸せ」「幸福」を軸した言葉をよくみかけるようになりました。「幸せ」がどのような状態であるかを具体的にイメージしてあれば(企業であればそれをビジョンといいますね)、それは目標であり達成すべき課題となります。

でも、個人レベルで「幸せ」を考える時には、「目標だ」「課題だ」なんて、なんだか、そぐわない感じがします。

あなたにとって、「あ〜幸せだな〜」と幸せを感じる瞬間は、どんな時でしょうか。

大好きな人とデートをして、手をつないで街を歩いている時。大型の契約を成立させて、仲間と居酒屋で祝杯をあげる時のカラカラに乾いた喉に流し込む一杯目のビール。夜遅く家に帰って、スヤスヤ眠る子どもの寝顔を見た時。

子どもの寝顔イメージ写真

そんな時、人は「幸せ」を感じて、満ち足りた気分になります。もちろん、もっともっといろいろな「幸せのかたち」があり、何に幸せを感じるのかは、人それぞれですね。

でも、共通しているのは、「幸せ」を感じるのは、何か「理由」があることです。「理由」があって、その結果として「幸せだな〜」という「幸福感」がもたらされます。

「幸福」には理由がある。

先ほどの例でいえば、恋人がいること、仕事をがんばり契約に結びつけたこと、家族をつくり子どもがいること、それが幸せの「理由」です。

つまり幸せは、理由があって、その結果として「もたらされるもの」「感じるもの」であり、幸せをそのものは「目標」にならないということです。

心理学者フランクルは、こう言っています。

http://www.psychologytopics.info/blog/wp-content/uploads/2019/07/af22d35a4d031833ead3fc8a911c9d56.png
フランクル

人間が欲しているのは、幸福になる理由です。理由がありさえするなら、幸福は向こうからやってきます。ところが、幸福になる理由を求めずに、幸福そのものを求めるなら、幸福になれません。幸福は遠ざかっていきます。

『宿命を超えて、自己を超えて』(V・E・フランクル[著]、山田邦男[訳] 春秋社)p33

フランクルは、「幸せになりたい」と願うことを否定しているわけではありません。「幸福を求めること」は、人にそなわる当然の感情であり、とても尊いものです。

ただ、フランクルがそう言うのは、患者の中に、「幸せになりたい」と思っていながら、「幸せになる理由」を現実的つくり出す努力から逃げようとする人が、とても多かったからです。そして、その人たちが、実際に、幸せから遠ざかっていたからです。

Aさん

「恋人は面倒なのでいらない」。けれど、幸せになりたい。

Bさん

「仕事は嫌なことばかりなので、やりたくない」。でも、幸せになりたい。

Cさん

「結婚して子どもをつくるとお金がかかるので、家族はいらない」。それでも、幸せになりたい。

http://www.psychologytopics.info/blog/wp-content/uploads/2019/06/jun-face.jpg
まっつん

これでは「幸せになる理由」が生まれないので、「幸せ」は、遠ざかっていきますよね。宝くじを買わないのに、「宝くじで3億円が当たれ」と、願うようなものです。

幸福そのものを目標として追い求めた結果、幸福が逃げていく。

これを「幸福のパラドクス」といいます。


幸せの扉」は、どちら開きか。

フランクルが「幸福のパラドクス」を語る時、哲学者キルケゴールの言葉をよく引き合いに出します。

幸せの扉は外に向かって開く。

この言葉は、どんな比喩になっているのでしょうか。

「幸せだな〜」と思ったり、感じたりするのは、頭の中であり、心の中ですね。「幸福感」は、私たちの内側にあるものです。いや、「ある」のではなくて、何らかの「理由」があってはじめて、「生まれてくるもの」です。

最初から「ある」のではありません。ですから、「幸せ」そのものを追い求めることは、「ない」ものを探しているようなものです。

では、「幸せになる理由」はどこで生まれるのでしょう。

それは、現実世界という「外」で発生します。頭の中や心の中を内界」とするなら、現実世界は「外界」であり、「外界」が「幸せになる理由」の生まれる場所です。

私たちがこの世界で具体的に行動を起こし、人に出会ったり、何かの出来事を経験することで、「幸せになる理由」が発生します。ですので…、

幸せの扉」は外開きの扉です。

「幸せの扉」のイメージ画像

幸せそのものを目標にし追い求めることは、外開きの扉を内開きの扉だと思って、一生懸命、内側に引くことに似ています。それでは、「幸せの扉」は絶対に開かないのです。


最高の瞬間(幸福感)を味わうための思考法。

『意味による癒し』(V・E・フランクル 春秋社)の表紙画像
『意味による癒し』
(V・E・フランクル 春秋社)
クリックするとAmazonへ!

幸せになりたいと思っても、現実がそれを邪魔をします。現実(外界)は、時に不条理で、私たちを苦しめます。

戦争はあるし、ブラック企業は存在するし、学校では「いじめ」はあるし、オレオレ詐欺でボロ儲けしている犯罪者がいるし…社会は数え切れないほどの「不条理」に満ちています。

現実世界の「負の側面」に焦点を合わせると、生きることが嫌になってしまいます。「生きる意味」なんてあると思えないし、「幸せ」を考えるどころではありません。

それでも、フランクルは「外に向かって扉を開け」といいます。その理由は、「幸せになる理由」が、外にあるからであり、また、「現実を生きる」という重荷を背負うことが、人間に必要だからです。

フランクルは、こう言っています。

http://www.psychologytopics.info/blog/wp-content/uploads/2019/07/af22d35a4d031833ead3fc8a911c9d56.png
フランクル

「人間が本当に必要としているものは緊張のない状態ではなく、彼にふさわしい目標のために努力し苦闘することなのです。彼が必要としているのは、是が非でも緊張を解除するということではなく、彼によって充足されることを待っている可能的意味の呼びかけなのです」」

『意味による癒し』(ヴィクトール・フランクル[著]、山田邦男 [監訳] 春秋社)p17

記事「むなしさへの対処方法」(logothrapy001)でも、少しふれましたが、フランクルはナチスの強制収容所に入れられていた時に、奪われた原稿の再生作業に取り組んでいます。

過去の記憶をたどりながら、地獄の収容所をいつか出られることを信じて、小さな紙キレに小さな文字で、書き続けました。その時、死の病である発疹チフスにかかっていました。

ですが、フランクルは、原稿の再生作業をするお陰で、発疹チフスに打ち勝つことができたというのです。

これを私たちが真似するわけにはいきませんが、フランクルが伝えたいことは、次のことですね。

現実世界で、「努力し苦闘すること」から逃げるな!

幸せになることも、生きる意味を発見することも、この世界の中で「努力し苦闘すること」から逃げようとする時、私たちの手からすべり落ちていきます。

Bさん

「仕事は嫌なことばかりなので、やりたくない」。でも、幸せになりたい。

Bさんの「考え方」が、まさに「努力し苦闘すること」から逃げようとする生き方です。結果、この人は、幸せから遠ざかっているのです。

不条理なこの世界を「生きる」という「重荷を背負う」ことで、私たちは「生きる意味」を実感できる「使命」(ミッション)を遂行できます。(何が使命なのかは、「むなしさへの対処方法」(logothrapy001)に書きました。)

「幸せなれるか、なれないか」と頭の中で考えてばかりいたり、「生きる意味があるのか、ないのか」と、心の中を煩(わずら)わしていたりするより、今、自分がすべきこと=「使命」(ミッション)を自覚して、この不条理で時にアホらしいバカらしい世界で苦闘し努力を続ける…。

そうすることで、「幸せになる理由」が、いつの間にか生まれてきて、その結果、人は「幸せだな〜」と感じる最高の瞬間=「幸福感」を味じわうことができるのです。

フランクルのセリフ画像。「ナチスの強制収容所という、めちゃめちゃ不条理な場所で、さんざんひどい目にあったけど、努力し苦闘することで、生きる意味をみつけました。辛いこともあるけど、あきらめないように!」

何が幸せなのかは、もちろん、人それぞれ。それぞれだけど、努力することで「幸せになる理由」が生まれ、その結果、幸せを感じるのは同じです。

現実をみつめて、努力を怠(おこた)らず、たくさん幸せを感じましょう。

(文:まっつん)


http://www.psychologytopics.info/blog/wp-content/uploads/2019/06/Frankl-S.png
フランクル

ヴィクトール・エミール・フランクル(Viktor Emil Frankl 1905〜1997)ロゴセラピーの創始者。オーストリア出身の精神科医、心理学者。世界三大心理学者(フロイト、ユング、アドラー)につぐ「第4の巨頭」。第2次世界大戦中のナチス強制収容所から生還する。その体験を記した『夜と霧』は世界的ベストラーとなる。「生きる意味」を探求するロゴセラピーという独自の心理学を確立し、世界に大きな影響を与えた。享年92歳。著書:『夜と霧』(みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』(春秋社)『意味による癒し』(春秋社)ほか。


『君が生きる意味』(ダイヤモンド社)

フランクル心理学のエッセンスを折りこんだ不思議な物語『君が生きる意味』
(ダイヤモンド社)
著:松山淳 解説:諸富祥彦
クリックするとAmazonへ!