ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)

http://www.psychologytopics.info/blog/wp-content/uploads/2019/06/フロイト.jpg
フロイト

ジークムント・フロイト(Sigmund Freud 1856〜1939)近代精神分析学の創始者。フライベルク(現在のチェコ)に生を受ける。ウィーンで開業医となり、「無意識」の領域に関する洞察を深める。催眠療法による「トラウマ理論」や「自由連想法」のセラピー手法によって精神分析学を創始する。精神医学の範疇を越えて社会科学論、芸術論にも言及した思想家でもある。主な著書『夢判断』『精神分析入門』など。1939年、ロンドンで病死。享年83歳。

世界の三大パラダイムシフト。

世界の三大発明といえば「火薬」「羅針盤」「活版印刷」ですね。

では、人間の常識を根底から覆した3大パラダイムシフトといえば何でしょうか?

  • ひとつ目は、コペルニクスの「地動説」。
  • ふたつ目は、ダーウィンの「進化論」。
  • みっつ目が、フロイトの「無意識の発見」。

「無意識の発見」といいますか、「無意識の考え方」をベースに確立された「精神分析学」といったほうがいいでしょう。なぜなら、「無意識」という心の構造に関する考え方は、フロイト以前に、すでにあったからです。

とはいっても、「無意識」の存在を世界に知らしめたのがフロイトであることは間違いありません。人の心を深く探求し、心理学の範疇にとどまらない偉人として、フロイトは世界に名を知られています。

フロイトと無意識。

「無意識の内に手が動いていた」
「つい無意識で嘘をついてしまった」
「無意識のなせる技だよ」

なんていう風に、「無意識」という言葉は、日常会話に時々、登場します。

意識と無意識の図

なので私たちは、心の中には、自分で「意識できる部分」と「意識できない部分」があると、なんとなく理解しています。

また、人は無意識に影響されて「つい何かをしてしまう」、その事実を、自身の体験からもわかっています。

ところが、フロイトが生きた時代の欧州を中心とする知識人は違っていたのです。

ジークムント・フロイトの写真
ジークムント・フロイト

フロイトが現在のチェコ共和国に生まれたのは、1856年です。日本は江戸時代ですね。幕末と呼ばれる時期で、坂本龍馬や西郷隆盛など幕末の志士たちが、活躍する時代です。世間を騒がせるフロイトの代表作『夢判断』の出版が、1900年です。日本は、明治33年です。

ずいぶん昔のことです。なので、現代の感覚とは、ちょっと違うのですね。

当時の常識は、心とは「理性」によって、つまり「自分でコントロールできる」ものでした。それが人間の誇りでもあったのです。

もし、無意識の存在を認めてしまうと、人間は自身を理性でコントロールできない存在へと堕落してしまうわけです。「人は、日々、無意識に影響されて行動している」。これは当時の人にとって、人間観の常識を根底から揺るがす大事件だったのです。

ですので、フロイトの考えは当時多く人から批判され、なかなか受け入れられませんでした。

フロイト以前の「無意識」。

ここで、フロイト以前の「無意識」について、お話しします。

フロイト以前の学者も、無意識の存在に気づいていました。

ヒステリー研究の大家シャルコー(1825〜1893)はその筆頭です。フロイトは1885年、パリへ半年間留学し、シャルコーのもとで学んでいます。

心的外傷(トラウマ)に着目したフランスの精神科医ジャネ(1859〜1947)からもフロイトは影響を受けます。ジャネは、通常の「意識」とは異なる「下意識」という考えをもっていました。「下意識」は「無意識」の考え方に近いものですね。

シャルコーやジャネなど、当時の学者たちから知識を学びとり、フロイトは自身の「無意識」に関する考えを深めていきます。

ですので、一般的によく言われる「フロイトが無意識を発見した」という言い方は、ちょっと誤解を招く表現ですね。フロイトが、ある日突然、人間の心の中に「無意識」を見つけ出したのではありません。

「ついに見つけだぞ、ここに無意識があったぞ」みたいな…。

フロイトは、「独自の無意識に関する考えを発見し、確立していった」。そんな表現のほうが適切です。

では、いかにしてフロイトは無意識へと接近していったのでしょう。

「無意識」への道。

フロイトがパリで学んだシャルコーは、心理療法に「催眠」を取り入れていました。

シャルコーの講義風景
シャルコーの講義風景(inパリ)

フロイトが出席した講義の時、シャルコーは患者に催眠をかけて、ヒステリー症状を出したり消したりすることができました。みんなが見ている前で、です。

患者は催眠を解かれると、催眠をかけられていた時のことを覚えていません。催眠といっても、眠っているわけではないのです。同じ人なのに、ヒステリー状態になったりならなかったり、覚えていたり覚えていなかったり…。

すると、「人間には自分では知覚できない心の領域がある」「意識できない自分がいる」という仮説が成立します。そして、ヒステリー症状の原因は、自分では意識できない領域=「無意識」にあると考えられるわけです。

アンナ・0の症例

フロイトの経済的支援者でもあった神経科医ブロイアー(1842〜1925)に「アンナ・O」(女性 21歳)の症例があります。ブロイアーは、フロイトが開業医として独立する時に、患者を紹介してくれるなど、力を貸してくれた恩人です。

フロイトは、アンナの症例から大きなヒントを得て、ブロイアーと共同で『ヒステリー研究』を発表しています。この論文には、「心の病」を治療する手法の原型を見い出せます。近代精神分析史における重要な論考のひとつです。

ヒステリー研究
『ヒステリー研究』
(中央公論新社 )

アンナは幻覚や言語障害を伴うヒステリー症状を起こす患者でした。症状が出ると気絶することもあったのです。

普段はとても聡明な女性だったのですが…。

そんなアンナは、コップに口をつけて水を飲むことができませんでした。なぜ、なのか。アンナ自身もよくわかりません。

そこで、ブロイラーは、アンナに催眠をかけます。

催眠状態になったアンナはある場面を思い出しました。かつて、自分の嫌いな家庭教師が、コップを使ってアンナの飼い犬に水を飲ませている場面です。その時、アンナは「怒り」を感じたのに、表現できませんでした。この過去に感じた「怒り」を催眠中でぶちまけると、アンナはコップで水を飲めるようになったのです。症状は消え去りました。

いったい何が起きたのでしょう?

症状が消えた仕組みを説明するのに、「無意識」を前提条件に置くと、とてもすっきりします。自分ではわからない心の領域=「無意識」の中にアンナの「怒り」がおさえこまれていて、その「怒り」が解放されること(カタルシス)で、症状が消えたという仕組みです。

普段の自分では感じることのできない過去の心の傷(トラウマ)が癒され、できなかったことができるようになったとしたら、『症状の原因は無意識に抑え込ま(抑圧さ)れていた「怒り」である』という仮説が立証されることになります。

人の心に「無意識」のエリアが存在するのです。

その後もアンナは、喜怒哀楽をおさえることなく自由に語ることで症状が軽減していきました。「無意識」に抑え込まれた記憶や感情が「意識」され、解放されることで治療が進展していくのです。

アンナはこれを「談話療法」(トーキング・キュア)と呼んでいました。

もっとくだけた表現が許されるなら「おしゃべり療法」ですね。おしゃべりすること、話すことは、やっぱり心に効き目があるのです。

アンナ・Oの症例には、現代の心理学でも語られる代表的な考え方が詰め込まれています。

心理学のキーワード
  • 過去の記憶を無意識に閉じ込める「抑圧」
  • 精神的ショックを伴う経験でつくられる心の傷「トラウマ」
  • 鬱積された感情の解放でなされる精神的浄化「カタルシス」

フロイトは「談話療法」によって症状が軽くなっていくアンナの症例を知り、催眠を使っていた自身の治療ケースを検討していきます。そうして、催眠には頼らない「自由連想法」にたどり着くのです。

自由連想法」とは、患者が催眠状態にならず、通常の意識状態で寝椅子に横になり、自由に語ってもらうことで治療を試みる精神分析療法です。

これはフロイトが発明した手法です。

話すことの大切さ。

精神分析とか心理学とか固いことを言わずとも、私たちは日常的に、アンナが言う「談話療法」を自然と行っていますね。

例えば、こんな感じで…。

30代会社員Aさんは、仕事でひどい失敗をして、深く傷ついていた。会社の人間には言えず、悲しみや悔しさを心の中に抑えこむ。そんな時、たまたま学生時代の友人と街でばったり出会い、飲みに行くこととなる。本音を言い合える友だ。酒も手伝い「実は…」と、悩みを洗いざらい喋ってみた。すると、翌朝、心がとても軽くなっていって元気が出てきた。

喜怒哀楽、感情を抑え込まず、本音で自由に話すことは、「心の健康」に、とてもいいわけです。心の健康法です。

意識の三層構造

さてさて…、フロイトに話し戻します。

フロイトは、心を三層に構造化しました。

「意識」「前意識」「無意識」です。

「意識」は、私たちが「今」意識できている部分です。「前意識」は、普段は忘れているけれど、努力すれば比較的簡単に意識化できる領域です。「無意識」は、日頃、意識できず、そこにある記憶や感情にタッチするためには本人の相当な努力や専門家の協力が必要となります。

先ほどの30代会社員Aさんの例…。

仕事で失敗してさほど時間がたっていない時の記憶や感情は「意識」の領域にあったものです。時がたてば「前意識」へと移っていくでしょう。数年後、Aさんに聞けば、「そういえば、そんなことあったな」なんて、明るく答えてくれるかもしれませんね。

これをAさん本人が、まったく思い出せないとなると、無意識の領域へと「抑圧」した(抑え込んだ)可能性が考えられます。

Aさんがこの失敗以来、なんとなく気分の晴れない日々が続いていたた。数年後のある日、その悔しさ悲しさを突然夢を見てリアルに思い出した。その日会ったカウンセラーに思い切って吐き出した。すると、とてもすっきりし何年も続いていた気分の重さがなくなり元気になれた。だとしたら、抑圧していた「悔しさ悲しさ」が、無意識で作用していたことになりますね。

「無意識」にある記憶や感情を解放することで、あるネガティブな心理的症状が消えるのならば、無意識にあるものを意識化する(自分でわかる)ことは、ポジティブな作用を人間にもたらすということです。

もちろん、人の心は複雑でそんなシンプルにはいきませんが、この心を癒す基本的な仕組みは、100年以上の時を経ても変わっていません。

フロイトの弟子と言われるユングやアドラーは、フロイトの「無意識」に対する考えに、異を唱えるようになります。その確執にフロイトは深く苦悩します。

とはいっても、フロイトが「無意識」の概念を学問的に確立してくれたお陰で、後につづくユングやアドラーは、自身の理論を発展させていくことができたわけです。

フロイトの功績、そして彼自身が偉大であったことは、変わらない事実としてこれからも歴史に刻まれ続けることでしょう。

(文:まっつん)