『SLAM DUNK』に学ぶアドラー心理学「勇気づけ」

『スラムダンク』に学ぶアドラー心理学

アドラー心理学とは。

『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)
『嫌われる勇気』
(ダイヤモンド社)
クリックするとAmazonへ!

『嫌われる勇気』(岸見一郎 古賀 史健 ダイヤモンド社)が大ベストセラーになったことで、「自己啓発の源流」と呼ばれるアドラー心理学(個人心理学:Individual Psychology)が多くの人に知られるようになりました。

 その生みの親アルフレッド・アドラー(1870〜1937)は、1900年代初頭の近代精神分析学が確立される時期に活躍した人物です。

「原因論」と「目的論」。

 アドラー心理学を特徴づける考え方のひとつに、「原因論」に対する「目的論」があります。

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の顔写真
アルフレッド・アドラー
(Alfred Adler)

原因論:「そうなる」のには「原因」がある。

 「原因論」は、原因と結果を結びつける因果論です。「過干渉の親に育てられたから」「学校でいじめにあっていたから」と、過去の出来事を「原因」とみなし、「だから今、こうなった」と、現在の自分(結果)と結びつけて考えます。

 過去の心の傷「トラウマ」は、その代表例です。「私が今、神経症になっている(結果)のは、トラウマ(原因)があるからだ」。だとすると、「原因」(トラウマ)を取り除けば、「神経症」(結果)はよくなるはず、と考えます。

 これが「原因」に着目する「原因論」の考え方です。

目的論:「そうなる」のには「目的」がある。

 「目的論」は、過去の「原因」に着目せず、現在の自分がそうなっている(結果)のに、「目的」があると考えます。何かのために、「そうなっている」「そうしている」と見なします。「目的」と「結果」を結びつけるのが「目的論」です。

 例えば、仕事で失敗し上司に怒鳴られて、翌日から出社しなくなった主任Aさん(20代)がいたとします。

まっつん
まっつん

 「原因論」で考えれば、「原因」が「仕事の失敗」「上司の叱責」で、「結果」が「出社拒否」です。「仕事で失敗して怒鳴られたらから、Aさんは、出社拒否になった」ですね。

 「目的論」では、Aさんが、何かの「目的」を果たそうとして出社拒否になっていると考えます。

 Aさんの心の奥には、「職場の人たちに注目されたい」「上司にもっと気にかけてもらいたい」という「目的」があるのかもしれません。失敗して怒鳴られ「心が傷ついている」のは表面的な理由であって、実は、みんなから「注目されたい」「評価されたい」という「目的」がAさんを出社拒否にしていると考えます。

 「Aさんはみんなから注目されることを目的に出社拒否をしている」です。

 これが「目的」に着目する「目的論」の考え方です。アドラー心理学は、この「目的論」の立場をとります。

「勇気づけ」

 よってアドラー心理学では、問題となっている過去の「原因」を取り除こうとするのではなく、「目的」を認識し、「これからどうするのか」(未来)に焦点をあてていきます。

 アドラーは、自分の行動は自分で決められるという「自己決定性」を重視しています。そこで、過去にとらわれることなく、本人の「自立」を促す「勇気づけ」を行っていくのです。

勇気づけ
「勇気づけ」とは、その人が自分自身で困難を克服できる「心の力」を与えることです。

  自分の未来は、自分で決めていくのです。アドラー心理学は「勇気づけの心理学」とも言われます。

1 2 3