「死にたい」を乗り越える-フランクル心理学005-

フランクル心理学 「死にたい」を乗り越える 発見的楽観主義

絶望を乗り越えるための心理学

心理学者フランクルがナチスの強制収容所の体験を書いた『夜と霧』(英題『Man’s Search For Meaning』)は、世界的ベストセラーとなり、今も読み継がれています。『夜と霧』は1946年に出版されました。かれこれ70年以上も世界中の人たちに読まれ、元気を失った人たちに「生きる力」を与えてきました。

『夜と霧』(みすず書房)
クリックするとAmazonへ!

現在の日本で『夜と霧』の存在を知っている人は決して多いとは言えません。大型書店は別として、本屋に行くと心理学書のコーナーに一冊、置かれていればいいほうです。

その『夜と霧』が、どの本屋に行ってもうずたかく並べられた時がありました。多くの日本人が、フランクルの教えに耳を傾けた時期があったのです。

覚えていますでしょうか?

2011年3月11日、東日本大震災が発生した後のことです。

2011年5月 宮城県 女川にて撮影

「3・11」が発生し、東北を中心に多くの地域が壊滅的な打撃を受けました。福島の原発も予断を許さない状況となり、日本全体が危機的状況に陥りました。死者・行方不者の数は1万8千人以上。数多くの人が絶望の淵に突き落とされたのです。あの日から時が流れたものの、今も深い悲しみから立ち直れない人が多くいます。

フランクルが経験したナチスの強制収容所と東日本大震災の現場を単純に比較することはできません。ただ、自分の意志とは無関係に無理矢理「絶望的状況に立たされた」という点では共通しています。

強制収容所では、「こんなに辛いなら生きている意味がない、死んだほうがましだ」と、誰もが考えていました。東日本大震災では、多くの人が愛する家族(親や妻や子)を失いました。「生きる意味」「生きがい」を一瞬で奪われ、「もう、生きていくことができない」「死にたい」と考えた人の数は、どれほど多かったことでしょう。

フランクルは強制収容所で、「死んだほうがましだ」「死にたい」と思わざるをえない状況にいながら、自分だけでなく仲間も励まし、共に生き延びました。決して希望を見失いませんでした。それができたのも、フランクルは、自身が打ち立てた心理学(ロゴ・セラピー)をその時その場で使っていたからです。

フランクル
フランクル

決して忘れてはならないのは、希望のない状況にたとえその犠牲者として向き合おうが、また変えようなのない運命に直面しようが、そんな人生の中にも、人は意味を見出す、ということである。

『〈生きる意味〉を求めて』(V・E・フランクル[著]、諸富祥彦 [監訳] 上嶋洋一 松岡世利子[訳] 春秋社)p54

フランクル心理学は「絶望に効く心理学」「逆境の心理学」とも呼ばれます。

ですので、東日本大震災という希望のうすい状況をなんとか乗り越えようとして、多くの日本人が『夜と霧』を買い求めたのは、自然なことだったのでしょう。

またその事実は、フランクルの提唱した「意味への意志」(Will to meaning)が働いたことの証明にもなりました。「意味への意志」とは、「生きる意味」を求める人間の根源的な心の働きのことです。

絶望を感じる状況になればなるほど、「今のこの状況にどんな意味があるのだ」と人は自分の置かれた状況の意味を問いたくなるものです。意味を求めるのです。そしてもし、「それでもなお生きる意味はある」と納得できたら、「死にたい」と思う絶望的状況を、人は乗り越えていくことができます。

フランクル心理学は、絶望を乗り越えていくための心理学といえます。