緊張や不安を軽くする方法(逆説志向)-フランクル心理学003-

フランクル心理学 不安や緊張を軽くする方法(逆説志向)

不安が強くなる心理

会議での発表、顧客を前にしてのプレゼン、結婚式のスピーチなど、社会人になると人前で話す機会が何度もあります。社会人だけでなく、アクティブラーニングが主体となっている現在、学校でも、小学校から大学生まで、授業で壇上に立って話す時間が増えています。

人前に立っても、緊張せずに話すことができればいいですね。

でも、多くの人は、苦手意識を持っています。自分の番になる前から不安が高まり、心臓がドキドキしてきます。さあ前に出るとなると緊張は強くなり汗が流れ出し、いざしゃべり始めると声が震えて、顔が赤くなってしまい、そうなっている自分に気づいて、ますます汗が流れ、時には頭が真っ白になって、言葉が出てこなくなることもあります。

「緊張はしないほうがいい」と思っていても、「緊張するな」と自分に命令しても、手のひらに人と書いて飲むこむ「おまじない」をしても、いとも簡単に期待は裏切られ、緊張は私たちの心と体を硬くします。その結果、恐れや不安が強くなり、上手に話すことができなくなります。

人が緊張しているイメージ画像

例えば、一度でもひどい失敗をプレゼンの場でしてしまうと、「あの時のようにはなりたくない。もうこりごりだ」と、その状況を想像するだけで、体が熱くなったり冷や汗が出てきたりします。そして、「次のプレゼンでも同じような目に合うのではないか」と不安感にとらわれてしまいます。

実際に、今、その場にいるわけでもないのに、「そうなるだろう」と考えるだけで不安になります。こうした予(あらかじ)め感じられる不安感を「予期不安」といいます。

不安感の負のループ

大切なプレゼンがあれば、「明日のプレゼン、うまくいくかな〜」と不安を感じることは、誰にでもあることです。そんな時は、「まあ、なんとかんなるだろ」と楽観的になり心を切り替えて、プレゼンに向かっていくことができます。

ただ、「予期不安」があまりに強くなると、不安に心を支配されて、プレゼンの準備ができなくなったり、夜、一睡もできなくなったり、プレゼンそのものをやめてしまおうと考えたりすることもあります。そんな日常生活に支障をきたすようななると、これは、ちょっと問題ですね。

「失敗したくない、恥をかきたくない、不安になったり緊張するのは嫌だ」と、不安から逃げ出そうとすればするほど、不安感は強くなり、その結果、自信をもってプレゼンできないネガティブな現実がつくり出されます。

不安や緊張に意識を向けることが、実は、不安な状況を現実化しているのです。

「予期不安」を意識すればするほど「さらなる不安」がわき起こり、汗が流れてきたり、動悸がしたり「身体症状」が出ます。すると、自分のすべきことから逃げてしまう「逃避行動」につながり、この経験がまた「予期不安」を呼び起こす原因になります。こうして「負のループ」がつくり出されていくのです。

不安から逃げようとする心の動きが、
むしろ、不安を強く意識することになり、
逆に不安感を強める。

不安感の負のループがぐるぐるまわり出すと、手に負えなくなります。そこで、このループを断ち切ることがポイントになります。フランクルは、そのために「逆説志向」という考え方を提唱しました。

では、次から、その「逆説志向」についてお話していきます。