笑いという心の武器を手にしよう。《笑われる勇気》-フランクル心理学006-

笑いという 心の武器を手にしよう!「笑う勇気」

ユーモアが心を癒す。

フランクル心理学に「逆説志向」という心理療法があることを「不安や緊張を軽くする方法」(Logotherapy003)で書きました。

逆説志向(paradoxical intention)とは、「そうなってほしくない症状」を、逆に「もっとそうなれ」とユーモアをもってあえて望む(志向する)ことで、症状を軽くする心理療法です。

ここで、大きなポイントになるのが、なんといっても「ユーモア」でした。

人前で緊張する時にユーモアを。

人前で話すことが苦手で、どうしても緊張してしまい悩んでいるAさん(女性)がいるとします。もし、Aさんが、フランクルのもとを訪れたら、こんなやり取りになるでしょう。

Aさん
Aさん

私は人前で話そうとすると、どうしても緊張してしまい、うまく話すことができません。どうすればいいのでしょうか。

フランクル
フランクル

緊張してもいいじゃないですか。「緊張しない」と考えるのではなく、逆にもっと緊張しよう、もっと緊張しようと考えてみてください。

Aさん
Aさん

えっ?そんなこと考えたら、もっと緊張してしまいますよ。私は、緊張しないで話しができるようになりたいのです。バカにしないでください。

フランクル
フランクル

Aさんの気持ちはわかります。でも、「私は緊張したくない」と、自分に意識を向け過ぎている限り、緊張はとれません。自分を見つめていることが、緊張の原因なのです。だから過度の自己観察をやめて、もっと緊張してやれと、自分を笑い飛ばすのです。そうすれば、緊張しないですみます。

Aさん
Aさん

本当ですか?なんだか、バカにされているような…笑い飛ばすって…でも、どうやるのですか?

フランクル
フランクル

例えばですね、人前で話す直前にドキドキ緊張してきたら、「緊張してやるぞ。もっと緊張してやる。世界緊張選手権で世界一になるぐらい緊張してやるんだ。ついでにギネス記録に登録してやるぞ」と、ユーモアをまじえて、自分を笑いのネタにしてしまうのです。自分でバカらしくて、アホらしくて、くだらなくて、笑えてくることを考えるのです。何かありませんか。

Aさん
Aさん

何かないかって急に言われても、そうですね、私は緊張して顔が赤くなっていまうのです。それが嫌なんです。だから、「もっと緊張して、もっと顔を赤くして、顔を真っ赤にして、みんなを笑わせてやるわ。真っ赤に燃える太陽より顔を赤くして、みんなを笑わせて、場を盛り上げてみせるわ」…。

フランクル
フランクル

Aさん、その調子ですよ。笑いが起きたら、場がなごんで、話しがしやすくなりますよ。それは自分のことではなくて、今、目の前にいる人たちのことを考えていることです。「緊張するな」では、心のベクトルが自分向きです。「笑って場を盛り上げる」だっったら、ベクトルが他人に向いていますね。そこがポイントなんです。

Aさん
Aさん

心のベクトルの向きですか…なるほど、確かにそうですね。私は、自分のことばかり考えていたのかもしれません…。

以上のやり取りからもわかる通り、フランクルは、自分に意識を向けすぎることー「過度の自己観察」が、いろいろな心の問題を引き起こす原因になると考えていました。例えば、「眠れない」というのも、そのひとつです。

1 2 3