カール・ロジャーズ(Carl Rogers)【前編】

ロジャーズ【前編】

ロジャーズ
ロジャーズ

カール・ロジャーズ(Carl Rogers)。米国の臨床心理家。1902年、米国イリノイ州にに生まれる。ユニオン神学校に進学し、牧師を目指すが断念。コロンビア大学で心理学を学び、、ロチェスター児童虐待防止協会で臨床経験を積む。 オハイオ州立大学で5年間、シカゴ大学で12年間、ウィスコンシン大学で4年間、学生を指導しながら研究を重ねる。マズローにならぶ人間性心理学の生みの親。来談者中心療法(Person-Centered Therapy)の提唱者であり、エンカウンターグループの第一人者。アメリカ心理学会会長(1946)。

著書:『人間尊重の心理学』(監訳 畠瀬創直子 創元社)、『ロジャーズ選集―カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文〈上・下〉』(誠信書房)

まえがき

私がカウンセラーの資格をとる時、カウンセリング技法の要(かなめ)は、「来談者中心療法」(Person-Centered Therapy)であり、その3つのポイントは「受容」「共感」「一致」だと、繰り返し習いました。

これを少し難しくいうと、「治療的人格変化の必要として十分な条件」だとテキストに書いてあったような…。で、それを提唱した人が、カール・ロジャーズという、「カウンセリングの神様」と呼ばれる、とても偉い先生だということも教わりました。

まっつん
まっつん

でも、カール・ロジャーズが、どんな人で、どんな人生を送ったかについては、まったく教わった記憶がありません。(習っていたら、すいません…笑)

「来談者中心療法」や「受容」「共感」「一致」など、丸暗記してカウンセラー資格の試験にのぞんだ私ですが、資格取得後、仕事で必要があってロジャーズの原書や解説本を読みました。その時、ロジャーズが「来談者中心療法」に至るきっかけとなる決定的な出来事があったのを知り、「なるほど!」と腑に落ちました。

そこで、ロジャーズの理論は別の機会に掘り下げるとして、この記事では、彼がどんな人生を送った人なのか、彼のキャリアや思想の変遷について焦点をあてていきたいと思います。

ロジャーズは晩年、トランスパーソナルな視点を取り入れ、神秘主義的なことも研究するようになります。これも、資格試験の時に、私はまったく知りませんでした。さらに、「受容」「共感」「一致」の次にくる「第4の条件」ともいえるような「存在(プレゼンス)」という概念を論文に書いています。

今回の記事では、彼の幼い頃から、学生時代、そして社会人となって働き出し、「来談者中心療法」の方向性を決める「あの出来事」までを書いていきます。晩年の思想は、またの機会に…。

カウンセラーを目指している人や、カウンセラー資格取得の勉強でがんばっている皆さんの参考になればと、思います。


抑圧家族で育ったロジャーズ

ロジャーズのご先祖様たちは、父かたも母かたも、17世紀にイギリスから大西洋を渡ってアメリカに来た移民でした。まさにアメリカという国をつくりあげた人たちです。ロジャーズ家には「開拓者精神」(パイオニア・スピリット)が息づいていたといえます。

移民流入 ニューヨーク・エリス島

心理学の新たな地平を切り拓いていったロジャーズの活躍を考えると、彼の家系に流れるスピリットを感じずにいられません。

1902年、カール・ロジャーズは6人兄弟の4番目として生を受けます。生まれは、イリノイ州オークパークです。イリノイ州は大都市シカゴのある州ですね。オークバークは、シカゴ中心地から約10マイル(約16キロ)ほどの距離で、車でいけば20分ほどでしょう。シカゴの郊外といえる立地です。

父親は、熱心に働くエンジニアで、大学(ウィスコンシン大)を卒業するとシカゴ鉄道に勤め、その後、「ベイツ&ロジャーズ建設」を創立。事業は成功をおさめていたようで、ロジャーズ一家は、オークパークにかなり大きな家を建て住んでいました。

まっつん
まっつん
フランクロイドライト邸(1967)by Philip Turner

余談ですが、ロジャーズの近所にアメリカを代表する小説家アーネスト・ヘミングウェイが住んでいました。また、建築に興味のある方ですとご存知かもしれませんが、日本の旧帝国ホテルを設計した世界的建築家フランク・ロイド・ライトもオークパークに居を構え20年ほど暮らしていました。オークパークにはライトの設計した建築が、今も20以上残っているそうです。

オークパークは閑静な住宅街といえ、育った土地の環境には恵まれていました。

ただ…、ロジャーズの両親は、キリスト教(プロテスタント)の教えを厳格に守ろうとする人でした。勤勉であることを最上の美徳と考え、遊ぶこと楽しむことを強く戒めます。「子どもの幸せを考えている」といえば表現はいいのですが、親のいうことを徹底的に守らせる支配的な教育をロジャーズにほどこしたようです。ですので、ロジャーズの育った家庭は、人間の自由な欲求をおさえこむ「抑圧家族」だったといえます。

ロジャーズは、幼い頃の家族を、こう表現しています。

ロジャーズ
ロジャーズ

酒は飲まず、ダンスやカードもしない。劇場に足を運ぶこともない。要するに人づき合いはほとんどなく、仕事ばかりしていたのです。私の子どもたちに話してもなかなかわかってもらえないのですが、炭酸飲料を飲むときでさえほんのりと罪の香りがしましたし、その栓を初めて〝ポン〟と音を立て抜いたときにはちょっと堕落したように感じたものです。

『ロジャーズが語る自己実現の道 (ロジャーズ主要著作集)』(岩崎学術出版社)p12

炭酸飲料を飲むことに罪悪感を感じるのですから、親の教えは絶対だったのですね。厳しい家です。そんな厳しさに加えて、生まれ持った性格もあったでしょう、ロジャーズは、どちらかといえば、内向的な静かなタイプで、家にいて本ばかり読んでいるような子どもでした。