エドワード・L・デシ(Edward L. Deci )

エドワード・デシTOP画像

デシ
デシ

エドワード・L. デシ,(Edward L. Deci)1942年生まれ。1970年カーネーギー大学で学位を取得。米国ローチェスター大学の心理学教授。動機付け理論の大家。「外発的動機付け」と「内発的動機付け」の関係性を理論化した。自律的決定が動機付けに影響を与える「自己決定理論」を提唱した。

著書:『人を伸ばす力―内発と自律のすすめ』(エドワード・L. デシ , リチャード フラスト , 桜井 茂男  新曜社)

波紋を広げたデシのモチベーション理論

『人を伸ばす力』(新曜社)
『人を伸ばす力』(新曜社)
クリックするとAmazonへ!

心理学者エドワード・L・デシは、モチベーション理論における「内発的動機づけ」の研究で有名な人ですね。1942年に生まれ、1970年にアメリカのカーネギメロン大学で学位を取って、ロチェスータ大学で、長年、学生を指導しながら研究を重ねました。

デシの名を世に知らしめたのは、次の考え方です。

外から与られる報酬(外的報酬)が、内発的なモチベーションを低下させる

この考え方が発表されたのは、1970年代初頭のことです。

人が動機づけられる、つまり、やる気が高まったり失ったりするのは、報酬(アメ)と罰(ムチ)を与えることによってだ。

給料をあげれば、人はやる気を出す。給料を下げれば、やる気を失う。
罰を厳しくすれば、人は動き、罰をゆるめれば、人は怠ける。

そんな風に、「ある条件を与えれば、ある反応を示す」という「行動主義心理学」のアプローチで考えるのが、当時のモチベーションに対する普通の考え方でした。

ですので、「報酬を与えると、やる気がなくなるなんて、そんなバカな話しはない」と、当時の心理学会で波紋を広げることになったのです。

2種類の心理的報酬:「外的報酬」「内的報酬」

人間を心理的に動かす「報酬」には、2種類あります。

  1. 「外的報酬」:給与、地位、評価など
  2. 「内的報酬」:充実感、達成感、自己成長感など

外的報酬〜外から与えられる

「外的報酬」は、給与や地位や評価など、外から与えられるものです。「外的報酬」によって上がったり下がったりするモチベーションを「外発的動機づけ」といいます。

動物園や水族館の動物ショーで、猿やイルカが芸をこなすと、調教師がエサをあげています。調教師は、外的報酬(エサ)を与えることで、猿やイルカを自分の思う通りに動かそうとします。

猿やイルカからすれば、外的報酬(エサ)で、動かされていることになります。

人間もそれに似ているところがありますね。給料がぐっと高くなれば、気分はあがりますし、車が1台買えるくらいの臨時ボーナスが出たら、「明日もがんばろう」と思えます。会社から、つまり「自分の外」から与えられる報酬によって、心が動かされ、モチベーションの質が影響を受けるわけです。

内的報酬〜心の内からわき出てくる〜

「内的報酬」は、心の内側からわき出てきて感じられるものです。

仕事で大きな成果をあげた時の「達成感」。お客様から「君のおかげでうまくいったよ」と深く感謝された時の仕事に対する「充実感」。しどろもどろだったプレゼンが、うまくできるようになった時の「自己成長感」。

自分の内からわき出る、なんともいえないポジティブな感覚を味わった時に、「よし、がんばるぞ」と、モチベーションは高まります。

内からわき出るものが「内的報酬」であり、「内的報酬」よって行動の質が左右されるモチベーションを「内発的動機づけ」といます。

では、次からデシが行った有名なソマ・パズルの心理実験についてお話していきます。

1 2 3