『SLAM DUNK』に学ぶアドラー心理学「勇気づけ」

『スラムダンク』に学ぶアドラー心理学

誰かに必要とされることが「心の力」になる。

『SLAM DUNK 27巻』(井上雅彦 集英社)
『SLAM DUNK 27巻』
(井上雅彦 集英社)
クリックするとAmazonへ!

 山王工業との試合が始まります。安西監督が考え出した奇襲が功を奏し、前半は2点差のリードで折り返します。しかし、後半となり実力差が現れ始めると、58対36と点差が開きます。

 ここで監督は、スタメン出場していた桜木をベンチに下げます。ベンチから試合を見させて、勝つための秘策を授けるためでした。どうするかを伝え終わると、安西監督は桜木を「勇気づけ」ます。

 「それが出来れば君が追い上げの切り札になる…‼︎」

『スラムダンク 27巻』(井上雅彦 集英社)

 ベンチの補欠メンバーが思いを託すため、次から次へと桜木に握手していきます。監督の言葉と補欠メンバーの行動が、桜木の心を強く揺り動かし、後半戦の活躍につながります。桜木の心理状態がこう解説されていました。

 「こんな風に 誰かに必要とされ 期待されるのは始めてだったから…」

『スラムダンク 27巻』(井上雅彦 集英社)

 アドラー心理学の重要な概念に「共同体感覚」(social interest)があります。

共同体感覚
「共同体感覚」とは、自分を受容し、他者を信頼し、家族や職場、社会など「共同体」の中で「自分は必要とされている」「自分の居場所はここだ」と思える肯定的な感覚です。

 アドラーは、「共同体感覚」の育成と保持を人生の大きな目的としています。

 桜木花道は、問題児でした。

 バスケ部に入ってからも次から次へと問題を起こしています。その行動が、ギャグと相まって漫画の面白さを格別のものにしていますが、「こんな風に 誰かに必要とされ 期待されるのは始めてだったから…」という言葉から、「共同体感覚」の欠落を理解できます。これは物悲しい事実です。

 桜木はバスケ部に所属し数多くの人々と関わっていくことで、そして安西監督の数々の「勇気づけ」があり、物語の終盤27巻目(全31巻)でやっと、「自分は必要とされている」という感覚を抱くことができたのです。

 「お父さんお母さんに大切にされているよ」
 「僕はこの学校にいていいんだ」
 「私はこの職場で必要とされている」

 そんな「共同体感覚」を育むことで人は「生きる力」を育むことができます。そのための「勇気づけ」、そしてアドラー心理学は、今後も、ますます注目されていくことでしょう。

(文:まっつん)

アルフレッド・アドーラ画像 アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)
1 2 3